年の差カップル必見! 年下の男性と上手く付き合う方法をご紹介

年の差カップルという言葉、最近よく聞きますよね。
主に芸能人の恋愛報道とかになりますが、一般人の私たちのまわりにも結構な年の差のカップルって多いと思います。

一昔前までは、男性が年上で娘と同じくらいの若い女性と~なんて話はよくありましたが
最近では、女性が年上で、一回り以上男性が年下!なんて関係も普通にあります。

そこで今回は、年下男子に恋をしている悩める年上女性へのアドバイスをしたいと思います!

 

 

年上だから~と相手の上に立ってしまう言動行動はNG

確かに彼よりも年齢を重ねている以上、色々なことを経験しているでしょうし、そういった魅力そのものはなんら問題ないのですが

裏を返せば自ら彼を年下扱いしているということです。
彼を年下の男性として扱うのではなく、一人の男として見てあげましょう。
時には、思いっきり頼ってみるのです。

そうすると彼は「自分よりも人生経験がある年上の彼女の役に立てた」と、自信ももつし
女性を喜ばせるという喜びを得て、ますますあなたを求めてくることでしょう。

 

年の差に惑わされない愛情

若い彼の周りには、当然彼と同い年の若い女の子もいるでしょう。

そういった若い女の子が周りにいるのは当たり前なのにもかかわらず、ついつい心配しちゃうのが女の性。

でも不安ややきもちから「本当は若い子がいいんでしょ?」などと相手に言うのは危険です。

こう言われた彼は、どんな反応をしますか?
「そんなことない」とか「年は関係ない」とか優しい言葉くれると思います。
ただ、反対にこれ以外、彼には入れる言葉が無いのです。
愛し合って付き合っているのなら、「若い方が良い」なんて思っていないし言わないでしょうから、こんな質問はただの女性側の自己満足。
帰ってくる返事は分かっていて、あなたはそれを彼に言わせているだけ。

純粋な彼は「本気で愛しているのに伝わっていないのか」とか「疑われているのか」とか抱く必要のない悩みを抱かせてしまいます。

ですから年上女性側は「彼は私を選んでくれたんだ」とどっしり構えていれば大丈夫なんです。

 

いかがでしたか?
年上女性にありがちな「おねえさんぶる」「不安をぶつける」をしてしまっているかもしれないと心当たりのある人は、気を付けましょうね!

愛し愛される関係になれるよう、このことを頭に入れて彼と接しましょう。

投稿者プロフィール

MONAKO
MONAKO
こんにちわ。monakaです。
美容系記事を中心にtwitterやインスタグラムなどSNSで話題のコンテンツを記事にしたりしています。