幸せを掴むための”後悔しない別れ方”

 

 

 

付き合う期間が長くなり、年齢を重ねるにつれて将来を考えられないけど

ズルズルと関係を続けてしまうことってありませんか?

しかし、将来が見えずにその関係を続けていけば、新たな幸せは見えにくいでしょう。

今回は、新たに幸せを掴むための”公開しない別れ方”についてまとめてみました。

 

 

 

彼を変えることは出来ないという事を理解する

付き合い続けているうちに鼻についたり、不快に感じることって出てきますよね。

その小さなことでも大きなことでも、”このまま付き合っていれば”や”結婚すれば変わるかも”など

いつか自分の理想に近づいてくれると期待していないでしょうか。

しかし、残念ながらそれは何の根拠もありません。

幸せを掴むためには、根拠のない幻想にしがみつかずに”相手を変えることは出来ない”と現実的に考えるべき。

将来このままでいても”一緒にいたい”と思えるのなら、理解できるのか一度よく考えてみても良いかも。

 

 

 

 

許容範囲を越えたらキッパリとしよう

相手にに大切にしてもらえていないと感じた時に”自分にも落ち度があるから”という考えがでて

なかなか踏み切れない女性は少なくはないでしょう。

落ち度があると思い込み過ぎてダメ男な付き合い続けると、幸せも遠のいていってしまいます。

許容範囲とは例えば、浮気や借金など”これは絶対に許せない”というラインを決めておきましょう。

そして、その許容範囲を彼にも伝えておきましょう。

伝えていてもその彼がその許容範囲を越えてしまったら、それは大切にされていないという事です。

落ち度は自分だけでなく相手にもあるはずです。もっと自分の事を考えてあげてみましょう。

 

 

 

 

別れ際はキレイに終わりましょう

別れる時ってどうしても理解できないところがあって決意した時ですよね。

そんな時はつい感情的になってしまいがちです。

しかし別れ際にで暴言を吐いたり、物を壊したりなどの行為はやめておきましょう。

もう二度と会わないからといっても、世間は意外と狭いので何かしら会うこともあるかもしれません。

”最悪な彼女だった”と周囲に変な噂が広まらないためにも、自分の事を思ってキレイに終わりましょう。

 

 

 

 

 

別れたら一切連絡を絶ちましょう

別れたのに半年など時間が経つと連絡してくる男性は結構います。

しかし、このように連絡してくる男性の心理はあなたを”キープ要員”として考えているため。

キレイさっぱり別れたのにキープ要員扱いする人は、良くありません。

そんな彼と連絡を取るよりも、新しい相手を探してゆっくりと関係を築いていく方が幸せへの近道です。

”過去は過去”と割り切ってしっかりと前に進んでいきましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

別れの原因には人それぞれあると思います。

しかし、ズルズルいっているのだとすればそのままでいいのでしょうか?

一度立ち止まって考えてみるのも、悪くないはずです。