男性がドキドキするあざとい仕草♡

 

 

魔性の女…男がじんわりドキドキしちゃう「魅惑のあざと仕草」3選 - 文・オリ子
せっかく女に生まれたならモテたいと思うのは当然のことかもしれません。今回は、多くの男性を虜にしてきた魔性の女達に「男を仕留める作戦」をリサーチ。そのなかから、厳選3つをご紹介します!

 

 

 

とにかくモテたい! 魔性の女がしてることとは?

「私、あの人狙ってるから!」と宣言する
「会社に好みの男性が入社してきた場合は、周りの女子が手をつけないよう、まず『私、あの人狙ってる!』と堂々と言っています。そうすると敵もできにくいし、私が好きってことが遠回りに伝わって相手に意識させることができる」(20代・会社員)

魔性の女は、誰よりも先に、狙う男性を公表することで、他の女を寄せつけない作戦を取ることもあるようです! しかし、周りの女性から「男好き」、「女友達より男を選ぶのか」など影で噂される可能性も。 かなりメンタルがタフな女子でないとこの作戦は難しいかもしれません!?

彼の言いなりにならず、あえて逆らう
「昔、いいなぁと思っていた男性に『髪を伸ばしたほうが似合うんじゃない?』と言われたら短くしたり、『スカート履かないの?』と言われたらずっとパンツを履いたりして逆の行動をしていたら、いつの間にか好かれるようになり付き合うことに。あえて彼色に染まらないことがよかったのかもしれないですね」(32歳・会社員)

つい相手の好みに合わせてしまうのが乙女心ですよね。でも、あえて逆のことをしてみると、男性のハンティング本能をくすぐり続けるので長く愛される可能性も高まるのかもしれません。これは、試しやすいモテテクニックかもしれませんね!

誘導の上級者!? 相手から触らせる
「『私、冷え性なんだ』と言って、手を差し出すと自然にボディタッチできます」(30代・専業主婦)

ボディタッチは比較的よく聞く男性を落とすための技ですが、自然に相手から触らせるよう促すテクニックを持った魔性の女達もいるようです。男性は、女性側から触られるのももちろん嬉しいですが、それ以上に自分から女性に触るほうが意識が高まったりするのかもしれません!? 気になる方は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

女子の反感を買うくらいが、モテる女の秘訣なのかも

男心をくすぐるモテ女達は、「周りの女子から嫌われないかな」なんてことを気にせず、あらゆる手段を使って恋愛の駆け引きを楽しめる女性なのかもしれません。好きな男性を射止めたいなら、少し勇気を出して「あざと仕草」でアプローチしてみてはいかがでしょうか。幸運をお祈りします♡

投稿者プロフィール

ゆかりん
ゆかりん
ゆかりん27歳。
最近会社の近くにできたさぬきうどんの店に通いつめ中。
なにもわからないまま生きている。